痛風の基礎知識

痛風とは代謝障害や内分泌障害により尿酸が体内に異常に蓄積し関節炎を起こす病気です。近代、痛風を起こすことは男性ではなくて、女性が増えています。特に若者の女性が多くなりました。痛風発作が起こる前には多くの場合、高尿酸血症が見られます。血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上であれば痛風になる可能性が高くなるので、注意が必要です。

尿酸値が高くなる原因としては、暴飲暴食やストレス、運動不足などがあります。初めての痛風発作の症状は、足の親指・膝・かかと・アキレス腱・くるぶしなど足の関節に鈍痛がありますが、中でも最も多いのは足の親指の付け根あたりに違和感を覚えるという症状であり、発症したうちの7割近くの人が当てはまっています。

痛風を予防するためには、プリン体の摂取量を少なくすることに加え、海藻や野菜・果物などのアルカリ食品を摂取して血液をアルカリ化すること、水分摂取を多くすることが重要になります。また、高尿酸血症の治療には、薬物治療だけでなく生活習慣の改善が重要です。肥満の解消、アルコール飲料の制限、プリン体の摂取制限、十分な水分の摂取、運動、ストレスの解消などがすすめられています。

以上は痛風についてことを紹介しました。痛風にかかるのは20歳以降の男性が多いです。血清尿酸値は遺伝と環境の両方が関係するので、それらの知識を持ったうえで対処する必要があります。痛風を予防するために、生活で痛風のことが注意してください。生活習慣や食べ物で改善するほうがいいと思います。