尿酸値を下げる食べ物と生活習慣

尿酸と尿酸値、尿酸値といえば「痛風」というように、健康診断でもお馴染みのこの名称が、今や痛風と同義語に近い響きを持つようになっている、と感じるのは私だけではないと思います。この尿酸値を下げる秘訣がいろいろあります。尿酸値を下げる食べ物はその一つです。

尿酸値を下げる食べ物で良い食べ物とされているのは、尿をアルカリ性に傾ける食品を積極的に食べればいいと言われています。

アルカリイオン水
アルカリイオン水はその名の通りアルカリ性を示すミネラルを豊富に含んだアルカリ水であり健康維持全般に役立ちますが、アルカリ性の液体には尿酸が多く溶けるため尿酸の効率的な排泄のためには特に重要です。

アルカリ食品
尿は食事によってpHが変化する事がわかっています。そして尿が酸性に傾いていると尿酸が排泄されにくく、アルカリ性に傾くと尿酸が排泄されやすくなっています。通常、尿は弱酸性ですが飲酒やプリン体の多い食事、過度の疲労などによって酸性に傾いていってしまいます。したがって尿酸値が高い方はアルカリ性食品を食べ、尿をアルカリ方面へ傾かせる事が有効となります。

ヨーグルトや牛乳
牛乳やヨーグルトには「カゼイン」という成分が含まれています。このカゼインには腎臓にたまった尿酸を排泄してくれる作用をしてくれるのです。実際に1日にコップ1杯の低脂肪乳を飲むと、痛風の発症が43%減少するというデータも出ています。

次に紹介する生活習慣も、食事と一緒に見直していきましょう。

尿を出す習慣
尿酸値が高い=血液中の尿酸濃度が高いということです。

激しい運動や暑い夏の日などは、体内から水分が汗として発汗されるので、尿の回数は自然と減りますよね?

そうなると、体内の水分が減る訳ですから…

尿酸濃度も自ずと濃くなります。

尿酸の数を減らすことも大切ですが、適度な水分補給をすることも覚えておきましょう。

コーヒーを飲む習慣
コーヒーを飲むことで尿酸値の上昇を抑えるブリティッシュ・コロンビア大学のヒョン・チェ氏が発表した研究結果で…

1日に4~5杯のコーヒーを飲む人と…まったく飲まない人とでは…

コーヒーを飲んだ人の方の尿酸値は0.26 mg/dl 低くなったという調査結果が出ています。

これは「紅茶」で試しても尿酸値は変わらなかったようなので…

必ず「コーヒー」を選びましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です