尿酸値が高いと起こってくること

尿酸は、水に溶けにくい物質です、尿酸濃度が高いと、体の中で溜まっていきます。尿酸は全身を回っているため、目や腎臓など、色々な所に溜まります。その中でも、溜まりやすいのは関節です。尿酸値が高くなるとどんなことを起こるですか?

痛風

溜まっていき固まったものが「結晶」になります。結晶が『痛風』を引き起こします。結晶が血中にはがれおちると、白血球がそれを異物とみなして攻撃してしまいます。足が腫れあがり、炎症を引き起こすのです。

この炎症は『痛風関節炎』と呼ばれています、時々に『痛風発作』と呼ばれる激しい痛みを伴います。『痛風』とは尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気のことで、それによる痛みの発作を『痛風発作』と呼びます。

結節や結石

尿酸が結晶化したものが大きさを増すと、結節や結石という形を取ることがあります。結節は痛風結節と呼ばれ、耳たぶや、足、手指、手の甲などにこぶを作ります。結石は尿酸などでできた石状のものです。腎臓にでき、腎臓から尿動という経路の中に出ると、痛みを伴います。大きいほど激痛を伴い、血尿などもあります。

痛風自体は、命にかかわるものではない。それに、高尿酸結晶の全員が痛風発作になるわけではありません。

痛風を発作するなどが起きないと、痛みや日常生活への支障はないのですが、かわりに高尿酸状態が気づかれず、放置されるということにもなります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です